上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上で見える映像は、状況とコンディションや「その次元を今回見る必然性」があるかどうか、
感じたい、という強い思いにもとても左右されるものでもあるようです。
記憶のお持ち帰りは最重要事項ではありませんし、人とくらべて自分の「能力」を云々と考える必要もありません。
それぞれの課題やステージ、必要なメッセージはひとりひとり違うものだからです。

 *

上のビジョンに関して「違う」とか「合ってる」って言うのはとっても難しいことです。
とくに、基準点になってしまいがちな、ちゅまのビジョンを伝えることの難しさ、を感じます。

この遠足は、個人が得たビジョンについて、答え合わせをすることが目的ではないので、
じぇいど♪とちゅまは、なるべく「ちゅまが知っているものと共通点のあったもの」だけを
ピックアップして「あってるよ」ということだけをお伝えするようにしています。

でも、たとえば、宇宙船やちゅまの外見についての話題とかで、
ちゅまにとってまったく覚えのないものがでてくれば、「うーん違うよ」としかやはりいいようがないし、
複数人のかたから、カレー屋のバナーは縦書きなのか、横書きなのか、と聞かれたら、
「どっちでもいいです、どっちも正解ですから」というわけにはいかないし、
なにかをお伝えすることはする必要があると思うのです。

どこかで話題を訂正しておかないと、憶測のみで話が違う方向に暴走して行ってしまうこともあるし、
みんなのイメージも散漫なままでしょうし、
じぇいど♪は、ちゅまの見方を基準に、あってます、マジでこうです、と言ったり、
○○はありますか?ってきかれてなかったら、ないと言わなきゃならないときもあるとおもいます。

でも、ちゅまが見ているのと違うものを見た人が、数人いたとしたら
果たしてちゅまが本当にあってるのか?その見方というのはまるで存在しないものなのか?
っていうと、エネルギーの世界だから、それはまたわからないわけです。
たとえ、ちゅまがそういっているからと言ってもそれがすべてじゃないですし、
細かくレポートしている方が100%正しくて、一瞬しか見えなかった方は
間違っているのか、というと、それもまた言えないとおもいます。

そういった意味で、この遠足でも、他の同時瞑想みたいなものでも。
お互いの見たものに共通点を確認するときのあいまいさを100%払拭することはできないでしょう。
ということで、たまたま一つのことに関してみんなと違うものを見ているとしても、
自信を失う必要もないし、自己否定する必要もないと思います。

なにか「見える」ということがなくても、なにか得るものがあったのなら
遠足は自分にとっては意義があった、ということになるでしょうし、
そう思っていただきたいし、一人一人現在持っている課題とういのは違うのだから、
この遠足を通じて得るものは、なにも鮮明なビジョンだけ、というわけではないと思います。

☆    ☆    ☆

何十回行っても、ちっともわからん私でも上ではちゃんと活動してるみたいですし、
人間は多次元にまたがって存在していて、、
意識してる自分なんかとってもちっちゃい一部、そーいうもんらしいですから 笑
あまり細かいことにこだわらずに、遠足は単なる遊びとして気張らずに楽しんでいただければ、と思いマス♪
(じぇいど♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。